HOME

バックアップを取ることがトラブルを回避出来る方法

企業の多くは、サーバーの中に蓄えた保管データをバックアップしているので、万が一ハードディスクが故障しても良いような体制作りを行っています。しかし、バックアップはリアルタイムではなく、夜中に行われるなどの場合、その日の途中でハードディスクが故障した場合では、その日に作業を行ったデータ復旧は難しくなります。
しかし、データの種類にもよりますが、その日の作業データがそれほど重要性を持たないのであれば問題はありませんが、重要性を持つ場合などでは、ハードディスクを復旧させ、データを救い出したいものです。
また、バックアップを行っていない場合はなお更データ復旧が求められるのです。
データ復旧には論理的故障と物理的故障の2つの要因があります。
論理的故障は記録されているデータが壊れていることが原因で起きる故障で、物理的故障はハードディスクの機能が故障しているものであり、それぞれの故障原因によりデータ復旧の難易度が変わり、それに伴い復旧にかかる日数が変わるといわれているのです。